通信制高校の授業料と高校無償化について

通信制高校では、生徒一人ひとりで授業料が変わってきます。単位制という時間割や単位を生徒自身に管理させる教育プログラムを導入していることから、履修する単位の制限などもなく、決まっているのは悲愁科目と選択科目、卒業に必要な総合の単位数です。


通信制高校では履修登録をした単位の数が授業料

全日制高校は年間の授業料金が全員、一定の金額と決まっていますが、通信制高校ではこのような理由から個人で授業料が異なる可能性があります。そこで、高校無償化で利用される就学支援金は、1単位の値段を4812円とし、卒業に必要な最低単位数の74単位分を支給すると定めています。そのため、就学支援金を受けて通信制高校へ通う場合は、その学校の1単位の値段から4812円をひいた金額を支払うということになります。


年収910万円以下の家庭が受けられる控除

この就学支援金に関しては、年収によって子どもの成績などが大幅に左右されるという統計結果や、親の経済状況で子どもの将来を決めてしまってはいけない、という面から作られた制度だと言われているそうです。国会で昨年、この支援を受けることができるのは年収910万円以下と決まりました。年収で変わることへは賛否両論あります。これから、どうなるかにも注目をしたいところです。