通信制高校卒業までの学習の流れ

通信制高校を卒業するには3年以上在籍してレポート、スクーリング、テストにより必要単位である74単位以上を取得することが条件となっています。単位を取得するためにはどのような学習の流となっているのでしょうか?


通信制高校の教育方法

通信制高校の教育方法はレポートとスクーリングがあります。レポートとは主に自宅で学習し、学校により決められた回数のレポートを提出して添削指導を受け単位認定試験を受けます。教科書やテキストにより勉強して課題をレポートにして郵送しますが、インターネットの普及により最近ではeランニングを行っているところも増えてきました。スクーリングは学校により指定された場所で行う面接指導です。月2回程学校により決められた日時に登校します。中には毎日登校したり年5日位で集中して行ったりするスクーリングもあります。


通信制高校卒業のお手伝い

通信制高校を卒業するには必修科目を合わせて74単位以上を取得しなければなりません。基本的に自分で学習を行う通信制高校はスケジュール管理が重要となります。1人では大変なことも多く、学習面をお手伝いしてくれるサポート校があります。サポート校は学習塾や予備校のように学校に通って学習します。少人数制や個人指導を受けることも可能で学習面だけではなく精神面でもサポートしてもらえます。臨床心理士がいる学校もあり安心してサポート受けることができます。