通信制高校の校則について

通信制高校には校則がないと思い込んでいらっしゃる方は、是非こちらで確認してください。全日制高校並に厳しいところも存在していますので確認が大事です。


通信制高校の校則ってどうなの?

よく「自由な校風」と謳っているところが多いので、校則なんてほとんどないのだろうと思っていらっしゃる人が非常に多いようです。
しかし、例えば制服がある学校なら「制服の着用に関する校則」があったり、それ以外でもスクーリングに関するルールがあったりと、校則がまったくないという学校はほとんどないと思います。
もちろん全日制高校の、校則の厳しい私立高校のように、髪の毛の長さにまで指定があるようなところは皆無でしょうけれど、派手な金髪やボディピアスは不可くらいのところならあるかもしれません。


「共通言語」に騙されないで

共通言語なんていってしまうと分かりにくいですね。例えば「厳しい」という言葉の意味は、ある程度の年齢以上の人だったら誰でも理解していますよね。けれど、どこからどこまでが「厳しい」の範疇に入るかは、正直人それぞれです。また、「校則」という言葉も誰でも知っていますが、「校則にはなくても社会常識的にダメなこと」というのを、校則にカウントすべきか、カウントしないのかというのも、個人の主観によるところが大きいのです。
通信制高校の学校説明会などに行く時はハッキリと明確に質問するようにしましょう。