通信制高校でもらう卒業資格の意義は?

高校の卒業に対して、学校の形態は特に気にしないというのが多くの企業人事担当者の意見です。通信制高校の存在が広く認知される時代になっているということもありますし、個性を重んじる時代でもあります。就職に太いパイプを持っている通信制高校もありますので、そういう学校であれば就職はさらに有利です。
卒業後に進学すれば、卒業高校などはどんな高校であっても全く関係ありません。


<広がる可能性>

高校卒業は学校の形態がどういうものであっても、卒業の資格については全く関係がありません。しかし卒業しているのとしていないのとでは、その後に広がる可能性が全く違ってきます。今は進学の意思がなかったとしても、思い立ったときに進学することが出来ます。高校を卒業していないと受けることが出来ない試験などもあります。高校を卒業していなければ、高等学校卒業程度認定試験を合格しなければならなくなります。努力次第ではありますが、経年と共に学習能力は落ちます。思うように勉強は進まなくなってきます。若いうちに高校卒業だけは取っておくことが、後々の可能性を広げてくれます。決して意義がないことではないのです。通信制高校は無駄という人の浅はかさが恥ずべきことです。