教育特区の通信制高校の特徴

株式会社が通信制高校の参入することは、元来許されてはいません。
教育特区として政府に定められている地域においては、その地域の特性などを考慮した特例が認められています。
その特例の中に、株式会社の参入を認めているものもあります。
株式会社が運営する通信制高校には、大きな期待が寄せられています。


<株式会社が運営する通信制高校への期待>

どのような株式会社が運営するかによっても特色の違いはありますが、現在通信制高校の在り方に対する期待は、障害を持つ人や不登校の経験、ひきこもり、コミニュケーション障害の問題などを抱えている子供の受け入れと適正な学習の環境提供に寄せられています。
社会のニーズに敏感な「企業」だからこそ出来るサービスがあるのではないかということなのです。
実際にサポート体制が充実している傾向にあります。
また株式会社であるからこそといった、社会とのパイプがあります。
それを活かせば、進路などが大きく開けることは大いに想像できることです。
教育特区の株式会社運営の通信制高校は、キャリア形成や職業訓練といった内容にポイントを当てた教育を行っています。
しかし質などの問題点を抱える学校も中にはあり、改善を促されているものもあります。
良く調べて入学することが望ましいとされています。